福祉車輛修理

  • HOME »
  • 福祉車輛修理

福祉車両メンテナンス工場だから出来ることがあります。

(有)間宮モーター商会は、会津地方唯一

日本福祉車輌協会認定工場です

(もちろん一般車もOK!)

 

福祉車両の架装部点検致します

(例)車いすリフトのオイルは定期交換が必要です。

福祉車両新車・中古車の販売

数ある福祉車輌の中から、お客様のニーズに合ったお車を提供致します。

一般社団法人日本福祉車輌協会会員

協会認定の取扱士インストラクターが在籍しており、情報や技術等を習得しています。

日本福祉車輌協会は、「安心と安全を築く」をモットーに、福祉車輛利用者の利便性・経済性を向上させる事を目的に設立されました。当社は加盟団体の一員として、公共の福祉増進のために機能する組織を目指しております。

 


!車両でお困り事はありませんか。!

福祉車両の整備・修理 こんな症状ありませんか?

※こんな時はすぐにお電話下さい

リフトが時々止まる・リフトアップシートが時々動かなくなる

車いす専用ウインチの左右の引っ張り力が違う

スロープ車の後退防止ベルトが時々作動しない

車いす固定装置の固定が緩い・車いす固定装置のワイヤーがささくれている

特殊装置の整備

福祉車両についてるリフトやスロープといった装置(架装装置)部分の点検をいたします。
当社の自社工場でお客さまの車両にもっとも適した形へのご提案、そして改造までトータルに携わらせていただきます。

◆ 車いすリフト、スロープ点検・修理
◆ 車いす固定装置点検・修理
◆ ステップ点検・修理
◆ その他特殊装置点検・修理

通常整備

当社は創業70年の認証工場であり、数多くの一般車及び福祉車両の整備・修理の経験があります。

事故や怪我を防ぐのは事前の整備・修理です。気になるお客様、まずはご相談下さい。

・車検・点検・板金・修理

 

※福祉車両は消費税が非課税です。

車いす等の昇降装置と、車いす等を固定するための装置を備えた福祉車輌は、消費税が非課税となります。

また、オプション品や修理費についても非課税になる場合があります。

日本福祉車両協会加盟店である当社は「アクセシブルアイコンプロジェクト」を支援します

 きる社会のために

Accessible Icon Project(以下AIP)は、国際基準の身障者マークをよりアクティブでポジティブなものに変えるためにアメリカで2009年に始まった草の根運動です。視覚から受ける印象は我々の生活に大きな影響を与えています。また、現在使用されている標識やマークは、我々がどのようなイメージを持っているか表しているとも言えるでしょう。身体に障害を持つ人々は、長いあいだ「他人の力を借りなくては何もできない存在」として扱われてきました。旧身障者マークはとても受け身でネガティブな印象を与えます。手足には生気がなく、上半身は不自然な直立姿勢、人は車いすのおまけのように描かれています。AIPは、身障者マークを一新することによって社会の意識を変革し、身障者の方々があらゆる分野でもっと活躍できるよう支援するためのプロジェクトです。

 

 

TEL 0242-27-1276 受付時間8:00-18:00(日・祝・第二土曜日除く

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.